最新の法律 不倫問題

ビル

不倫をした場合の相手との交渉の仕方

最近芸能界のブームなのかと思えるほど連日報道されている不倫問題ですが、特に相手が既婚者であった場合は感情的な問題はもちろん、法律上の問題もからんできます。
特に相手の配偶者から内容証明郵便などが届くと怖くなってしまいがちですが、ここは慌てずまず弁護士などの法律の専門家に相談しましょう。
書かれている内容が全く身に覚えがないことであれば堂々としていればいいだけです。
ただしそうでない場合は専門家などと相談して、慰謝料の額や今後の相手との関わり方などの交渉を進めていくことになります。
もちろん弁護士なら代理人として動いてくれるので相手と直接会わずに済みます。
むしろ相手と直接会う事は、お互い感情的になったり話が余計にこじれるなどメリットは全くありません。
そして弁護士を付けたからと言って最もいけないのは開き直る事です。
不倫は褒められた行為ではないのですから、相手の配偶者にきちんと謝罪の気持ちを伝え、二度としないと気を引き締める事が大事と言えるでしょう。

当社のサービス一覧

あの不倫問題を法律面から眺めてみる

不幸にならないための不倫問題解決法

不倫をした場合の相手との交渉の仕方

不倫問題の最終的な解決は法律に則って行うことになります